TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介 ACE ブログ
プロフィール
鈴木 拓(すずき たく)

1981年生まれ、横浜出身
TOEIC 990、英検1級

横浜にオフィスをかまえる会社を経営し、英語学習講座、英語学習サイト、メルマガなど、インターネットを通じた英語指導、英語学習のアドバイスを行っております。

正統派の英語学習プロジェクト分かる! 解ける! 英文法!ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning英語真っすぐリーディング講座は大好評で、累計人以上の方に指導をした実績がございます。

趣味は海外ドラマ、NBA観戦、野球観戦、中華料理を食べること、風景写真撮影、旅行(全都道府県制覇達成済み)などなど。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のエントリー

日本語訳にこだわらない方がいい
2007年10月24日

本日、メルマガで「英語学習のコツは日本語にこだわらないこと」というお話をさせていただいたのですが、

無料メルマガは↓からご購読できます。もちろん無料ですし、いつでも配信停止可能です。





これって、本当に最近感じるんです。

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」で、受講生さんとご質問、回答のやりとりをさせていただいていて感じるのですが、日本語にこだわりすぎると、英文の構造が見えなくなってしまうんです。

Led by the energetic mayor, this city became known as the most hospitable place in this country.

の、

by the energetic mayor

as the most hospitable place in this country

この2つは両方とも、1つの副詞という大きなブロックなんですよね。

Led □, this city became known □.

というように、英文法を理解して、英文の構造がしっかりと見えてくると、いくつもの英語の塊でも1つの単元で見えて来るんです。

日本語訳で考えすぎると、こういう発想はなかなか出て来ないんですよね。


ただ、同時に思うのは、「日本語訳で考えてしまうっていうのは、その人の責任じゃない」っていうこと。

なぜなら、学校の英語では、日本語に訳すことを要求されるからです。

中学、高校と6年間もそういう指導を受けていたら、どうしてもそういう習慣と言うのが身についてしまいますよね。


そのため、残念なことに、マジメな方ほど日本語訳で考えてしまう傾向にあります。

私は通信簿2、偏差値30〜45と成績が悪く、不真面目な生徒だったので(笑)、あまり日本語に直すクセはあまり強くなく、あっさありと消えてしまいましたが、マジメに6年間やって来た方はそうも行かないですよね。


でも、「英語を理解する」ことが目的なんですから、日本語が入らないで理解できるようになりたいですよね。

いちいち日本語に直していると、どうしても「英語の感覚」が身につきませんし、直す時間もかかります。


いきなりクセを消すのは難しいですが、じっくりと日本語に直すクセを直して行ってください。

英文法をしっかりと理解して、英文の構造の知識が身につけることもそのクセを直すのに重要な役割を果たすと思います。


英文法は「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」で、「品詞」という1から学んでいただけます。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートにて、人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォンではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。スマートフォンの場合はお読みいただけますが、こちらを必ずご覧下さいませ。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。